お勧めの香り ハーブ

アップル

~エンハーブ~ お菓子のドライフルーツは、フルーティーでジューシーなイメージがありますが、ハーブティー用のドライフルーツは、ティー用に細かくカットされて、色も褐色系で抑えめな事が多いです。 エンハーブは、アップルやオレンジ等の揃えがあり、果

コメントなし

オレンジフラワー(ホール)

~カリス成城~ 一見、おが屑のように見えてしまいますが、高価値精油ネロリと共通するビターオレンジの花によるハーブです。 ごく少量で、とても甘い花果のような香りを放ち、その存在感の強さはネロリと相似する香りの質を感じさせてくれます。 リラック

コメントなし

オリスルート

~生活の木~ オリスルートは、食用飲用ではなく、クラフト用のハーブになります。 精油を使ったポプリやサシェの保留剤に用いられます。 こちらのオリスルートは、ほんのりと木や土の香りがしますが、精油を加えるとその素材香は消えて邪魔になりません。

コメントなし

クローブ

~カリス成城~ 袋を開けた瞬間、パーっとクローブ香が広がります。釘のような形状をしている故、ヘッド部分が取れやすいのですが、こちらのクローブは、太くしっかりとその形状を保つものが多く入っています。 クリスマスの風物詩ポマンダー作りには、釘の

コメントなし

コーンフラワー

~カリス成城~ 見えない香りを姿形にして表現するアロマクラフトは、香り、形、そして色も大切に感じます。 赤青黄緑等、ドライハーブで色を考える時、鮮やかな青色を探すと、意外と見つかりづらいものです。 ラベンダーは、青というより紫で、マローブル

コメントなし

セージ(ホール)

~カリス成城~ 消臭抗菌用のポプリクラフトを作る時に、ぜひ取り入れたいのがセージです。 単品だと香りにクセがありますので、ミントやローズマリー等と混ぜて使うと、角が取れる気がします。 こちらのセージはホールタイプのため、葉が細かすぎず、崩れ

コメントなし

シナモンカシア

~カリス成城~ 樹皮が丈夫に巻かれて、カシアらしい褐色とゴツゴツした触感とスパイシーな香り、これぞシナモンスティックという貫禄があります。 珈琲やチャイなどの飲用に使うことは勿論、クリスマスやキッチンで楽しむクラフト飾りとしても、このカシア

コメントなし

ネトル

~ニールズヤード~ メディカルハーブの概念が広まる迄は、馴染みの少ないネトルでしたが、作用は穏やかで汎用性が広く、味も緑茶に近くて飲みやすく、ハーブティーを始めるきっかけとしては、この上ない好条件を備えています。 中でも、こちらのネトルは、

コメントなし

レモングラス(カット)

~カリス成城~ ハーブが細かくカットされたティーバッグタイプは便利ですが、使い用途が限られて、気づくと賞味期限を過ぎている事があります。 ホールタイプや大きめのカットタイプは、存在感あるその形状から、アロマクラフトに用いても映えます。 カリ

コメントなし

ペパーミント

~ニールズヤード~ ペパーミント精油のスーッとした清涼イメージを思い浮かべながら、ハーブの袋を開封して嗅ぐと、何かイメージと違うかも…というご経験のある方にお勧めです。 ペパーミントハーブは、清涼香よりも草っぽい渋みを前面に感じる事が多いの

コメントなし

フラックスシード

~生活の木~ フラックスシードは、表面が平らで艶やかで、肌に当たると心持ちひんやりする感触から、アイピロー材等に使われます。 アイピロー用の袋に入れると、一粒一粒がとても細かいため、当たる肌や目元のフェイスライン凸凹に沿って、適度な重みもこ

コメントなし

ローズバッズ・ピンク(従来農法品)

~生活の木~ ローズ・バッズは、クラフトづくりの華やぎ役に欠かせません。 こちらの従来農法タイプは、色合いが鮮明で崩れにくく、形状もしっかりしています。 比して、ナチュラルタイプは、質と芳香性に優れますが、褪せた色合いと崩れやすい形から、見

コメントなし

ローズバッズ・ピンク(ナチュラル)

~生活の木~ 外袋から見る限り、色褪せて形も崩れて見映えしないのに、価格は高い…と戸惑ってしまうのですが、袋を開けるとフワフワーっと納得の上質な香りが漂います。 名称はローズながら、この香りには「薔薇」の呼び名の方がピッタリで、花束から感じ

コメントなし

ローズマリー

~生活の木~ ドライハーブを使った香り袋を作る時は、見た目も重要と思います。 出来るだけ緑色のままで、葉の厚さもあって、芳香も強めに残る、そんな香り袋に見栄えするローズマリーを探していました。 オーガニック品は色的には褪せた感がありますが、

コメントなし

ローズレッド

~生活の木~ ローズの精油はとても高価値なものになりますが、ドライハーブになりますと、馴染みやすい価格帯で楽しむことができます。 ローズレッドは、花びらの色が鮮やかで、自然の淡いローズ香を持ち、100gでかなりのボリューム感があるため、惜し

コメントなし